寝る子は育つ

寝る子は育つ・・・間違いない

私には妻が1人と子供が2人いる(確か、どこかのまぬけなアンケートで子供の人数以外に配偶者の人数欄があった記憶が・・・ だからそれ以来間違いなく1人と書くようにしている)。最初に生まれた子供は女の子だった。大学院生の学生時代だったので、妻も働いていて、 稀に私が子供の面倒を見る事があった記憶が残っている。

私が帰宅するのが深夜の場合が多く、自然と子供も宵っ張りの朝寝坊になった・・・多分その時の幼児体験が今も残っているかもしれない。 とにかく良く寝る子供だった。

今も覚えているが、ある平日に私が休みで妻が働きに出るので、子供の面倒を見る事になった。上記の通り、 朝寝坊の親子は当然朝寝坊する。朝寝坊と言うより、激しく寝すぎるのだ。昼近くまで寝ていて、ふっと気が付いて「そうだミルクをやるように」 と言われていた事を思い出して、ミルクをやる。子供は寝ていても哺乳瓶を口に含ませると一気に飲んでしまう。とにかく良く飲む子だったし、 良く寝る子供だった。飲ませ終わってオムツを替えようと一瞬思ったのだが、徹夜明けの睡魔に勝てず・・・再度深い眠りに落ちる。

夢の中で子供と遊んでいた。ふと気づくと・・・外が暗くなりかけていた(^_^;)夕方まで寝てしまったみたいだ。あっ、 こりゃいかん、子供はどうしてると慌てふためいて起きると・・・・隣でスヤスヤと寝ていた。16時間以上は寝ていた勘定になる。 コイツは寝すぎじゃ~と思いつつ、起こそうと布団を剥がすと・・・敷布団が濡れている。かなり濡れている。相当激しく濡れている。マズイ・・ ・急いでオムツを取替えようとする。オムツは水に漬けたようにグッショリ。グッショリと言うより漏りこぼれていた(^^ゞ。

現在のような紙おむつでは無く布オムツなので、ビチョビチョ、水漏れを通り越しオシッコの海に浸かった布状態になっていた。でも、 面倒だったのでトイレにオムツを放置する腹を決めた。直後に妻が帰宅して、「大変だったでしょう」と聞かれたので、「そうだなあ」 と答えたが・・・実際は全く何もしていなかった(爆)。しばらくして、トイレから叫び声がした。

「何これは・・・オムツ洗ったままトイレに置かないでよ」と言われてしまった。すまん、洗っていないのだ、オシッコ漬けのままなのだ・ ・・とは言えず、何も答えなかったが。今なら真相を告白できる。

すまなかった(ーー;)

その子は成長して母親になり、子供がいる。良く育った親子だ。寝る子は育つ、 しかし育つと共に色々なことを教えておくべきだったかもしれない。もし欠点があるとしたら、全部私の責任なのだ。

あの時きちんと起こしてオムツを取替えておけば・・・もう少し立派な人間になったかもしれない、ごめんね!
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ がんばるオヤジへ
にほんブログ村
最新記事
AMAZON 電子書籍リスト

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR