スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ がんばるオヤジへ
にほんブログ村

70歳近くでスマホを持つ(その2)

通信事業者の選択

(選択肢1)大手キャリア(NTTドコモ、au、ソフトバンク)

店舗で手続きすれば、ほとんどの場合その日に完了して使える状態になる。サポートのそこそこで、保証込みにすればキャリア版ハイスペック端末で安心して使えるだろう。知識が無くても、使える状態で入手できて、通信速度も契約の範囲内ならかなりの高速となっている。スマートフォンに詳しくない場合は、この選択肢が良い。通話が多い人はかけ放題で契約しておけば一定金額で済む。欠点は月額費用が高い。金額を気にしない人なら、キャリアが一番。

(選択肢2)MVNOの格安通信事業者(200社を超えている)

この選択肢は、SIMフリー端末の知識が要求される。データー通信のAPN設定を自分で行わなければならないことが多い。端末自体がSIMフリーなので、MVNOに特化されていない。Androidスマートフォンの場合、端末製造会社の違いで設定&操作性が異なる事が多く、またGoogleのAndroidOSのバージョンで微妙に機能が異なる。

(1)通話もネットも安く使いたい

デュアルSIM契約となる(通話SIM)。データ通信(高速通信量に応じて価格が異なる、無制限プランもあるが直近制限がある場合がほとんど)+通話(SMSを含む)の構成だが、各社で価格が異なる。通話はかけ放題プランがある場合がある。問題はデータ通信の高速の速度だが、高速とは言いがたい場合がほとんど。動画再生が止まってしまうケースも多い(使っている地域、時間帯で大きく異なる)。快適さを求めるなら選択肢1しかないかも。

(2)あまり通話は使わないのでIP電話、ネットも安く使いたい

自分で端末と通信事業者選択、設定を行わなければならない。SMS+データ通信の構成。通話は安価なIP電話(インターネット回線利用、電話回線を使わないので安定しない場合がある)で済ませて、主にネットを使うケース。SMSは認証に必要な場合があり、またアンテナピクトの問題もあるからオプションで付加した方が良いと言われる。データ通信の高速の速度だが、高速とは言いがたい場合がほとんど。動画再生が止まってしまうケースも多い(使っている地域、時間帯で大きく異なる)。快適さを求めるなら選択肢1しかないかも。

(3)通話は不要、データ通信のみ

モバイルルーターで使っている人が多い。この場合、使い放題プランがメイン。用途が動画やゲームがメインなので、データ容量(パケット)を大量に消費する。これが原因で、無線局の帯域を圧迫するために、直近制限を設けている会社がほとんど(使い放題は死語に等しい)。MVNOの問題点はここに集約されると思う。高速通信も死語に等しい状況かもしれない。現状では制限をかけるのは当然で、小容量しか使わないユーザーは迷惑を蒙る。

●不具合の無いスマートフォンは皆無

iPhoneの場合は、アップル社が設計・デザイン・システム・初期アプリを一貫して行っているので、Androidスマートフォンと比較して不具合は少ない。AndroidがGoogleが基本OSを開発して、スマートフォン製作各社がそれを利用して独自の初期アプリを作成して端末を制作しているので、ダブルで不具合が発生する事がある。端末固有の不具合も多く、後からインストールしたアプリとの競合もあり、特定するのが難しい場合がある。ユーザーが初期不良でメーカーに送り返された70%は不具合が無かったと報告されているように、ユーザーの設定やインストールしたアプリの使用が原因のケースもあるようだ。それなりに知識が無いと、Androidスマートフォンを使うのはやっかいかもしれない。

(次回に続く)
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ がんばるオヤジへ
にほんブログ村
最新記事
AMAZON 電子書籍リスト

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。