スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ がんばるオヤジへ
にほんブログ村

航空機と乱気流

乱気流は空気中に渦が生じて乱れた気流だが、一番経験しやすいのは航空機に乗った場合だろう。私は2回、激しい乱気流を経験した。

1.新婚旅行からの帰路

43年前、新婚旅行で福岡から南九州に行って(ジェット機)の帰路、宮崎空港から福岡空港まではプロペラ機だった。わずか30分ちょっとの飛行時間だったが、20分間以上が乱気流の中を、大きく揺れると言うより激しい下降と上昇の連続であった。上昇するのはそれほど気にならないが、いきなり百メートル近い下降は・・・それでなくとも高所恐怖症で飛行機嫌いなのに、この乱気流では拷問だ。右隣を見ると、ビジネスマン風の男性が新聞を読んでいた。この状況でも平気なんだと尊敬したが、しばらく観察していると、手に持った新聞がガタガタ震えている。機体の振動で震えているわけではない。やはり怖いのだ。左隣の妻は笑っている。緊張すると、何故か顔が笑った状態になるらしいが、他の人から見たら不謹慎だろう。時々「あっ」「いっ」「うっ」「えっ」「おっ」ア行五段活用の末尾だけになり、急降下すると私の左腕を万力以上の力で掴む・・・後で見ると痣になっていた。掴むなら座席だけにして欲しいが、シャイな私には言えなかった。妻は「これ墜落するの?翼がパタパタ動いてる」と聞くので、「落ちるときは落ちる、落ちないときは落ちない。でも私にはその判断能力はない。死ぬときは一緒だから良かと(博多弁)」と答えた。すると「死ぬなら、一人で死んでね」と明快な答えが戻ってきた。なかなか奥が深い。二人同時に亡くなったら葬儀が出来ないし、後の面倒な処理も出来ない。無事に福岡に到着して、それを聞いたら・・・単純に独りで死ねと言った、でも冗談だけどと言う。あの状況で冗談は言えまいと思ったが、それを口にする事は小心者の私には出来なかった。

2.帯広から東京までYS11で乱気流

40数年前、ある講習会に出席するために旧帯広空港から東京に向かった。天候は最悪で、北日本は嵐のような天気だ。空港カウンターに到着すると、体重計に乗れと仰る。預ける荷物なら判るが、乗客の体重まで量るとは・・・肥満は搭乗出来ないのか?いやいや、そうではない。機体のバランスを考えて、左右の重さを均等にするためらしく、そこで始めて座席を決めるのだ。お陰で少し肥満気味なのが判ったが、とても恥ずかしい、後方の人から丸見えなのだから。ようやく搭乗時間となり、バスで飛行機のタラップへ、機体はプロペラ機だが日本が誇るYS11。外は雨が降り出していて、天候が悪そうだ。離陸して高度が上がると、黒い雲が見える。アナウンスで、天候が悪く途中気流が悪いので、シートベルトは締めたままにと。それから・・・羽田に到着するちょっと前まで、2時間程度の乱気流中の飛行であった。急降下・急上昇の連続で、客室乗務員も座ったまま、機内サービスも出来ず、吐く人もいた(私も)。急降下だと無重力の近く、急上昇だと体重が倍以上のようなGが掛かる。前述の1の比ではなかった。悲鳴が聞こえたりして、落ちるのかと思うほどだったが、それでも他に何事もなく無事に羽田に到着、頑丈な飛行機だ。飛行機を降りてバスでターミナルまで移動中、誰もが放心状態で、私はその日はホテルで寝込んでしまった。あれくらいでも、操縦士にすればちょっと揺れた程度なんだろうか?帰宅して妻に話したら、「2時間もジェットコースターに乗れたのだから、良かったね」と言われた。私のジェットコースター嫌いは知っている筈だが・・・人生で2回もジェットコースターに乗った事があるが、死にそうで漏らしてしまった経験がある。

3.ダウンバースト、後方乱気流、晴天乱気流

ダウンバースト:空港進入経路上で積乱雲が発生するとダウンバーストと呼ばれる強い下降気流が発生することがある。下降気流が発生し着陸航空機が巻き込まれると滑走路に機体がたたきつけられる形となり着陸失敗という大事故につながる。

後方乱気流:大型の航空機の離陸時、主に翼端渦が元で後方に生じる空気の乱れ。2001年にニューヨークで発生したアメリカン航空587便墜落事故では、直前に離陸した日本航空機の後方乱気流に巻き込まれたのも一因とされている。

晴天乱気流:雲がない晴天でも起こり、エアポケットと呼ばれる。高高度のジェット気流の周辺で頻繁に発生し、山脈の近辺で発生し、肉眼でもレーダーでも見つけられない。航空機には危険な存在で、風速や風向が急激に変化し、翼で生じる揚力が急速かつ予測不可能に変化し、激しい揺れが起きてしまい、乗客や客室乗務員が体を投げ出されて負傷する事もある(1997年ユナイテッド航空826便乱高下事故のように死亡事故に至る事も)。しかし、レーザーのような光学的に乱流を測定する装置を使えば遠くから検知可能だが、まだ全面実用化に至っていないようだ。

乱気流により14人が負傷して成田空港に緊急着陸したアメリカン航空の機内の様子


関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ がんばるオヤジへ
にほんブログ村
最新記事
AMAZON 電子書籍リスト

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。