スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ がんばるオヤジへ
にほんブログ村

少なくとも8500年前に、古代農夫はすでに養蜂を行っていた

少なくとも8500年前に、古代農夫はすでに養蜂を行っていた

Early Farmers Exploited Beehive Products at Least 8,500 Years Ago
ScienceNewsLine: November 12, 2015.
http://www.sciencenewsline.com/summary/2015111201200060.html

イギリスのブリストル大学などの研究者が雑誌ネイチャーに発表した論文によれば、150カ所にも及ぶ新石器時代の遺跡から、8500年前の農夫が蜜蜂を育て蜂蜜を採取する「養蜂」を行っていた証拠を見つけたと言う。先史時代の岩壁にも、蜂蜜を採集しようするハンターの姿が描かれており、古代エジプト王の壁画にも養蜂の様子が描かれているように、人間と蜜蜂の関係を示した間接的証拠はこれまでにもあった。今回の調査では、新石器時代の遺跡に残された6000以上の陶器の破片を収集し、陶器に残る物質を分析した結果、蜜蝋(巣を作る時に分泌される蝋分)の痕跡が含まれているのを発見している。しかも、それらはヨーロッパの複数の遺跡から発見されている事から、少なくとも8500年前には、農夫が蜜蜂を飼育していたと結論づける。これまで、最も古い蜜蝋は約7500年前のトルコの遺跡にあった調理用の鍋からも発見されていたが、初期の農民と蜜蜂の深い関係を示す証拠はなかった。

今回発表された論文では、ブリストル大教授リチャード・エヴァーシェッド率いるの有機化学研究チームが行った、ヨーロッパや中近東、北アフリカ地域での20年以上にわたる大規模な調査結果も含まれていて、養蜂が先史時代に想像以上の速さで広まっていた事が示された。筆頭著者メラニー・ロフェ・サルク博士は、「当時の人々にとって蜂蜜は貴重な甘味料だったのだろう。しかし、蜜蝋は儀式や化粧や医療的な目的で使われ、また陶器に水が染み込むのを防ぐ役割も果たしていたと思われる」と語る。スコットランドやフェノスカンディアのように、北緯57度以北にある新石器時代の遺跡には蜜蝋を使用した証拠がない。これは、その時代の蜜蜂の自然発生に対する生態学的限界を示している。

エヴァーシェッド教授は「蜜蜂の化石記録がなかったので、過去1万年のほとんどの期間について、生態学的な裏付けが取れなかった。しかし、古代エジプトの壁画や先史時代の岩絵からの証拠は、人類と蜜蜂の関わりが数千年以上前に遡れる事を示唆していた。だが、これまでは、いつ、どこで、この関わりが出現したかは知られていなかった。我々の研究は、経済にも文化にも重要な、生物の古生態学的分布について、化学的「痕跡」に基づく明確な証拠を初めて提示出来た。これは、初期の農夫による蜜蜂の広範囲の利用を示し、これまで考えられていたよりも大幅に早い時期から、人類と蜜蜂の関わりがあった事を示している」と述べる。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ がんばるオヤジへ
にほんブログ村
最新記事
AMAZON 電子書籍リスト

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。