スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ がんばるオヤジへ
にほんブログ村

人間の頭部移植、暴挙か?

人間の頭部移植

イタリア人医師が提唱する手術「頭を体から切り離し他人の体と結合する」を、難病のロシア人男性が受けると発表(2015年06月25日)。イタリア人医師セルジオ・カナベーロが提唱する手術計画ー患者の頭部を切り離し他人の体と合体させるーが波紋を呼んでいる。患者は脊髄前角の運動神経細胞が変性し、全身の筋力低下と筋萎縮が徐々に進行する「ウェルドニッヒ・ホフマン病」を患うロシア人男性のワレリー・スピリドノフさん(30)。症状は悪化の一途をたどり、最後の望みはこの手術しかないと言う。しかし、SF映画のような驚異的話に疑問視する声が上がっている。



カナベーロ博士は2013年に学会誌「Surgical Neurology International」に発表した論文で、人間の頭部移植は可能であると主張する。2015年2月にも、同様の論文を発表している。計画では、なるべく脊髄にダメージを与えないような方法で頭部を体から切り離した後、脳死状態のドナーの体に移植する。主要な神経と動脈を接合し終えたら、細胞膜内の脂肪の結合を促す効果があるポリエチレン・グリコール(乳化剤のようなもので、歯磨きペーストにも入っている)を脊髄に注射する。その後、患者は数週間にわたって人為的に昏睡状態に置かれ、脊髄に電気刺激を与えて頭部と体の神経が繋がる事を促進させる。カナベーロ博士によれば、患者は以前と同様の声で話せるようになり、理学療法を受けて1年以内に歩く事が出来ると語る。

手術日はまだ決まっていないが、早ければ2016~2017年になりそうだと話す。世界初の頭部と体の結合手術だけにコストは膨大で、150人以上のスタッフが必要で、手術時間は36時間に及ぶ。費用は1500万ドル(約18億円)とも言われ、その一部は確保済みだが、残りは一般から出資を募るクラウドファンディングや書籍販売でまかなう予定という。スピリドノフ氏はロシアの国営メディア「ロシア・トゥデイ」に、「頭部を移植する手術は、始めて宇宙遊泳をする事に似ています。この技術は、将来私より症状が重い患者たちを救う事になるでしょう」と伝えている。

CNNによると、1970年に米ケース・ウェスタン・リザーブ大学医学校で行われた猿の頭部移植手術でも、手術から8日後に拒絶反応で死亡。頭部と体の脊髄を接合できなかったため体を動かすことはできず、自力呼吸もできなかった。71年に猿6匹の頭部を移植した別の実験でも、24時間生き延びた猿はいなかったという。カナベーロ医師は、医療や科学の進歩でこれらの問題は克服できると主張しているが。

医学界からは、当然のように反発の声が圧倒的だ。CNNによると、米脳外科学会次期会長のハント・バチェール医師は脊柱や血管は接合できても脊髄を繋ぐ事は出来ず、患者は動く事も呼吸も出来ないと指摘。「死ぬよりも悪い事になる」と断言した。「私はこの頭部手術をしようとは思わないし、自分にもして欲しくはない。死ぬよりもひどい結果になるだろう」と話す。理論上は可能かもしれないが、現時点では実現不可能であり、肉体改造や不老不死などのタブーや倫理問題にも触れる可能性もある。医学ジャーナリストの松井氏は「iPS細胞を使って脊髄の神経幹細胞を作れば、理論上は頭部と体の結合は可能になるだろうが」と語り、これが実現した場合、全身に信号を送る脳の所有者が体の宿主となるという。しかし、カナベーロ医師のパフォーマンスは、「猿などの動物実験で成功例がない段階で、今回の発表をするのはどうか、これでは売名行為と疑われても仕方がない」と苦言を呈している。

異なるDNAを持つ頭と体、拒絶反応はどちらが起こすのか?その人を決めるのは本当に脳だけなのか?色々な問題が存在するだろう。カナベーロ医師は、2年後の2017年までに手術を行いたい考えだが、学会の反発も強く、その場合は中国を目指すと言う。すでに手術を希望するメールや手紙が届いているが、倫理的問題が巻き起こるだろう。心臓など臓器移植はOKだが、頭部や体はダメなのか?金があれば肌を若返らせ、脳や体を替える事も可能となった場合、寿命は300~1000年、あるいはそれ以上となり、新たな人間はあまり必要なくなり、また食糧問題、エネルギー問題、環境問題も生じる。人間にどこまで許されるのか、死とは何か、こうした問題を考えなければならない時代が来ているのかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ がんばるオヤジへ
にほんブログ村
最新記事
AMAZON 電子書籍リスト

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。