スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ がんばるオヤジへ
にほんブログ村

America's Got Talentで優勝した蛯名健一、他

America's Got Talentで優勝した蛯名健一、他

●アメリカズ・ゴット・タレント2013年優勝の蛯名健一



蛯名 健一 (えびな けんいち、別名えびけん、1974年~) :日本出身の演出家、振付家、ダンスパフォーマー。1994年アメリカの大学に留学し、在学中に独学でダンスを始めた。卒業後、アルバイトでユダヤ人の成人式(バルミツバ)等で余興を演じたりしていた。2006年~2007年、かつてマイケル・ジャクソンも出場したことがあるニューヨークのアポロ・シアターで行なわれた『Apollo Amateur Night』で7回連続優勝し、年間優勝者となった。現在、世界各国各地で公演しているが、アメリカではダンス中でも拍手したり声援を挙げて一緒に盛り上がるが、日本はダンス中は静かで終わっても拍手程度で、日本では蛯名が出演したオーディション番組が放送されておらず、あまり知られていない。2013年米NBCネットワークで放送されたオーディション番組『アメリカズ・ゴット・タレント』のシーズン8に参加。シカゴの地方予選で映画『マトリックス』をモチーフにした演目を披露した。頭を浮かせる動きの技や、仰向けに寝た状態から起きる技など人間業とは思えないパフォーマンスを披露し、会場を大いに沸かせた。辛口で知られる番組の審査員も大絶賛の言葉で拍手し、最後は会場中の観客からスタンディングオベーションを受けた。放送直後、Youtubeに蛯名の出演映像がアップロードされると、約2か月でその動画の再生回数が1255万回を超えた。8月6日、背景の巨大スクリーンの映像と武術を取り入れたダンスを組み合わせて披露した。映像に出てきたキャラクターも全て彼自身が務めた。9月3日の準決勝では背景のスクリーンを鏡に見立て、自身と鏡に映った自身を組み合わせたダンスを披露し、9月10日のトップ12では愛、死、昇天を表現したダンスで決勝戦に進み、シーズン8優勝者となり、何と百万ドルを獲得し、世界的に有名なダンスパフォーマとなった。

●ブリテンズ・ゴット・タレント2012年優勝のアシュレイ&パッツィー(犬)



あのスーザンボイルを世に送り出した、英国オーディション番組「ブリテンズ・ゴット・タレント2012(Britain's Got Talent 2012)」の優勝ペアが、アシュレイ(16歳高校女学生)&パッツィー(6歳雄犬)。なんと決勝戦まで進み、優勝賞金50万ポンド(約6400万円)とロイヤル・ヴァラエティ・ショーで女王陛下の前で披露する権利を獲得した。犬と人間の絶妙のダンス、ここまで完璧なのは初めてと絶賛され、また犬のとぼけた顔も好評を博した。動物がこの番組で優勝したのはこれが始めてで、このペアは英国のみならず世界的に超有名犬となり、犬の自叙伝も出版され、子供向けのパッツィーベア・ダンスビデオまで作られた。後に、この犬を主人公とした劇場映画も制作された。

Britain's Got Talent Winner Pudsey Book Trailer(パッツィー本の予告編)



Pudsey and Pudsey - Children in Need 2012 - BBC One(パッツィーダンス)



Pudsey the Dog: The Movie (2015) Official Trailer(パッツィー映画の予告編)



にほんブログ村 オヤジ日記ブログ がんばるオヤジへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

宇宙に果てはあるのか?

この宇宙に果てはあるのか?これまでこれを考えない人はあまりいない。しかし、これは未だに難問である。何故難問かは、順序を追っていくと理解出来る。

1.空間とは

ニュートンは、空間を3次元ユークリッド空間(3方向に無限に拡がる均質なもの)、物質から独立した空虚な容器のようなもの(絶対空間)、時間も独立して存在するもの(絶対時間)と考えてニュートン力学を確立した。これに対してアインシュタインは、その一般相対性理論で、空間とは絶対的なものではなく、質量(エネルギー)の存在により曲がったりねじれたりするもので、時間も空間と密接に関係しており、4次元リーマン空間(時空間)として記述し、重力は空間の歪みと考えらた。重力の源は質量であるので、空間は内部の物体とは無関係に存在する単なる容器(舞台)ではなく、内部の質量自体が空間の構造に影響を与えているので、空間も何かしらの実体(主役の一人)となった。

2.真空とは

かつて「物質が存在しない物理的空間」を真空と呼んだが、現在の物理学では真空の概念は複雑化している。電磁場、重力場、量子場(強い力と弱い力の場)、ヒッグス場など、一般の人々には不可解な「場」が空間には満ちていると説明される。電磁力と弱い力は電弱理論で統一的に説明出来た(ワインバーグ・サラム理論)。その後、理論物理学者はすべての力を統一しようと努力・格闘しているが(超弦理論もその候補)、そもそもその試みが成功するかはまだ判っていない。多くの人は、真空とはエネルギーや質量が存在しない状態であると思うだろうが、実際には、真空中の極微の世界では、物質と反物質が生まれては(対生成)ぶつかって消える(対消滅)事を繰り返す。これはエネルギーが変化している事を示し、「真空の揺らぎ」現象と呼ばれ、量子論で「真空の相転移」と言う。

*カシミール効果:真空とは「何もない空間」どころか負の粒子に満ちた世界で、この真空を「デイラックの海」と呼ぶ。真空には膨大な粒子が観測できない状態で詰まっている。粒子には質量があり、質量はエネルギーのひとつの形態だから、つまり真空は膨大なエネルギーの塊と言う事になる。非常に極微の世界では、正と負のエネルギーのせめぎあいが続いていて、その中から正と負の粒子のペアが現れては消えるという現象が実験的にも確認されている。極微の領域でも現実に計測可能な力が生じているのか?それを実験で確認したのが、カシミール効果。正確に平面に磨いた二枚の薄い板を極端に接近させ、その間隔が十分に小さくなると、2つの間に含まれる真空のゆらぎ(正と負のエネルギーのせめぎあい、電子と陽電子のように)のうち、間隔より短い波長のものしか入り込めなくなくなり、その結果、外側の方が圧力が強くなり、板は外から押されてわずかに間隔が狭くなる。この現象をカシミール効果と呼ぶ。

3.空間の膨張とは

1929年エドウィン・ハッブルは、銀河の中にあるセファイド変光星を観測し、銀河の赤方偏移(ドップラー効果で離れていく対象の光の波長が長くなり赤色に偏移する効果)と距離の間の法則、2つの銀河間の距離が大きくなるほど、互いに離れる相対速度も距離に比例して大きくなるというハッブルの法則を発見した。つまり宇宙は膨張している事が分かったのだ。この場合、見かけ上は銀河が遠くに去っているように見えるが、実際は銀河が存在する空間自体が膨張している事による。では、何故空間が膨張するのかが問題になった。

太陽のスペクトル(左)と比べ、遠方の超銀河団のスペクトル(右)では、フラウンホーファー線がより長波長側(赤い方)へシフトしている。

4.真空のエネルギーと空間の急膨張(インフレーション)

空間の膨張が判ると、時間を逆に遡っていけば、初期の宇宙は高密度かつ超高温だった事になる。これは1947年ジョージ・ガモフによって提唱され、後に「ビッグバン理論」と呼ばれた。1960年代、その根拠となる宇宙背景放射が観測され定説となる。しかし、何故ビッグバンが起こったかを説明する理論はなかった。このため、宇宙創生に「神の一撃」があったという宗教的神話がまだ信じられた時代であった。このビッグバン理論を科学的根拠で最初に説明したのは、1981年東京大学佐藤勝彦教授(私の卒業した丸亀高校の3年先輩)が提唱した「指数関数的宇宙膨張モデル(インフレーション理論)」である。同じ頃、米国アラン・グースも素粒子論の立場から同様の論文を発表したので、佐藤・グース理論とも呼ばれる。インフレーション理論は、138億年前の宇宙創生の10のマイナス36乗秒後~10のマイナス34乗秒後の間に、エネルギーの高い「高温の真空」の状態から、エネルギーの低い「低温の真空」に相転移し、保持されていた真空のエネルギーが熱(転移熱)となり、ビッグバンを引き起こしたと言う。佐藤・グースは「真空の相転移」をビッグバンに応用したのである。このインフレーション自体はほとんどの学者に受け入れられていて、現在その原因と決定的証拠を見つけようとしているが、おそらく見つかるのではないか。

inflation.jpg


(注:インフレーションが何故起きたのかは不明)佐藤・グースによるインフレーションのメカニズムの説明は、現在では主流ではなく、様々な仮説が出されている。当時の宇宙空間を満たし、インフレーションを起こしたものは、仮に「インフラトン」と呼んでいるが、その正体は未だに未解明。インフレーションがどれほど続くのかも判っていないし、更に宇宙空間全体でインフレーションが終了することはないだろうとの考えもある(永遠のインフレーション)。もしこの永遠のインフレーションが正しいとなれば、宇宙全体はとてつもなく大きい事になる。この場合、観測可能な宇宙の範囲は全体の塵のような存在という事になるが、まだ不明な仮説に過ぎない。多元宇宙説も仮説段階で、そのような仮説を全く認めない物理学者もいる。逆に、宇宙が膨張しすぎると、あらゆるものが破壊されると言う仮説を唱える学者もいる(ビッグリップ仮説)。

5.2回目の急膨張

宇宙空間はインフレーション以降も徐々に膨張し続けているが、米カリフォルニア大学バークリー校サウル・パールムッター教授、オーストラリア国立大学ブライアン・シュミット教授、米ジョン・ホプキンス大学アダム・リース教授らは、その膨張の勢いが宇宙に存在する物質の重力で衰えるどころか、逆に加速している観測結果を示した(2011年ノーベル物理学賞受賞)。この発見はIa型超新星と呼ばれる天体が鍵となった。Ia型超新星は白色矮星と呼ばれる星が爆発して明るく見える天体だが、ピーク時の明るさがどれも同じなので、地球からの見かけの明るさと比較する事で距離を測定出来る。こうして求められた距離と、天体の「赤方偏移」の測定値を組み合わせると、各時代の宇宙の膨張スピードが計算出来る。研究チームはこの原理を利用して、宇宙空間が加速的に膨張している観測的な証拠を見出したが、その結果、宇宙は66.2億年前に減速膨張から加速膨張へ移行した事が判明した。この原因については現在も未解明だ。

6.膨張空間に中心や端はあるのか

(1)宇宙の中心

大型望遠鏡での観測は飛躍的進歩を遂げ、宇宙空間の観測出来る限界にまで達しそうになっている。この意味では、宇宙空間は有限の球体(現在の推定半径は470億光年)のようで、観測地点である地球がその中心にあるように見える。しかし、そんな奇跡的な現象はあり得ないと考える学者がほとんどで、実際球体を膨らませて、その中の任意の点から離れた場所の膨張スピードを眺めると、どこ任意の点でも膨張の中心に見えてしまうので、中心が何処かは決められない。

(2)宇宙の形(ポアンカレ予想)

ポアンカレ予想とは、トポロジーの難問に近いが、簡単に言えば「宇宙の中の任意の一点から長いロープを結んだロケットが宇宙を一周して戻ってきて、ロープの両端を引っ張ってロープを全て回収できた場合、宇宙の形は概ね球体(ドーナツ型のような穴のある形ではない)と言えるのか」という問題だが、これを解く事で「宇宙の形」に迫れる。この数学的難問を解くのに100年を要した。これは、アメリカのクレイ数学研究所が指定した7つのミレニアム懸賞問題(百万ドルの懸賞金)の一つとなっていた。これを解決したのはロシア人超天才数学者グリゴリー・ペレルマン。2006年数学のノーベル賞といわれるフィールズ賞に決まったが、かれはこれを辞退し、百万ドルの賞金も辞退している。数学会や米国科学界の体質に大きな不満があったらしいと言われているが、真相は不明(現在、病気の母親と山に住み、世間から隔絶した生活を送っている)。彼の功績から、宇宙は概ね球体である事が判った。

(3)宇宙の形(空間に描いた三角形の内角の和から考える)

2次元の平面では、三角形の内角の和は180度である。次に3次元の空間には、どのような形があるかの候補として、アインシュタイン方程式を宇宙原理(宇宙のあらゆる場所はどこも同じ姿をしている)を仮定をして解くと、

有限で閉じた空間:この場合は三角形の内角の和は180度を超える。
無限に広がる平坦な(曲率ゼロ)空間:この場合は三角形の内角の和は180度
無限に広がるが曲率がゼロでない空間(馬の鞍のような):この場合は三角形の内角の和は180度より少ない

の3つ解が得られる。しかし、これまでの観測結果からは、2の平坦な宇宙に近いとされる。しかし、無限に広がる空間だとすると、ビッグバン理論と矛盾する。これは宇宙原理を仮定して得られたもので、仮定が間違っている事もあり得るので、現実の宇宙が平坦だとしても大きさが無限であるとの確証にはならない可能性がある。結局、現在判っているのは「観測出来る範囲内では、ほぼ平坦に近い」だけだ。

(4)宇宙の境界を考える(宇宙の果ての謎)

他の空間があって、私達の宇宙と接している場合、境界が有り端があると言えるかもしれない。仮説としては、超弦理論のブライアン・グリーンのような「たとえれば、チーズのような空間が有り、その中に小さな宇宙がビッグバンで多数現れている」と説明すするものや、MITのマックステグマークのように「無限に広がる空間の一部に我々の宇宙が有り、他の宇宙は見えないし行くことも出来ない」とする説など、色々とある。つまるところ、何も判らないと言っても良いかもしれない。宇宙の中に閉じ込められている我々には、外から眺める事も出来ないので、果てとか端を論じても無意味となるのだろう。現在までの結論として「宇宙の果てはあるのかないのか不明、それを考えても意味がない」となろうか・・・超天才理論物理学者が出てくるまでは。

7.未解明の宇宙の謎は多い

前述の佐藤勝彦氏は「インフレーション理論は、その後COBE衛星やWMAP衛星による宇宙背景放射の観測で、宇宙に揺らぎのある事が証明され、インフレーション時の真空の揺らぎが裏付けされている。インフレーション理論を進めると、母宇宙がインフレーションを起こし、子宇宙を作るというマルチバースの可能性も考えられ、私達の宇宙とは因果関係のない別の宇宙が多数存在する事になる。しかし、宇宙は認識されるからこそ存在する。我々の宇宙の方程式もたまたまそうだったとしか言えなくなる。宇宙が多数あるなら、我々の宇宙の方程式を決めたのは誰なのか。これを追求すると、宇宙論は人間原理が出発点となる。また宇宙には、真空のエネルギーが残っていると言われている。今、もしかしたら第2のインフレーションが起こっているのかもしれない。それを追求していくと、目に見えない物質(ダークマターやダークエネルギー)などの解明が求められている。宇宙の研究はまだ解明されていない事が多い。知らない事を知るのが基礎科学の面白さ。これからの若い人達に期待する」と語る。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ がんばるオヤジへ
にほんブログ村

航空機と乱気流

乱気流は空気中に渦が生じて乱れた気流だが、一番経験しやすいのは航空機に乗った場合だろう。私は2回、激しい乱気流を経験した。

1.新婚旅行からの帰路

43年前、新婚旅行で福岡から南九州に行って(ジェット機)の帰路、宮崎空港から福岡空港まではプロペラ機だった。わずか30分ちょっとの飛行時間だったが、20分間以上が乱気流の中を、大きく揺れると言うより激しい下降と上昇の連続であった。上昇するのはそれほど気にならないが、いきなり百メートル近い下降は・・・それでなくとも高所恐怖症で飛行機嫌いなのに、この乱気流では拷問だ。右隣を見ると、ビジネスマン風の男性が新聞を読んでいた。この状況でも平気なんだと尊敬したが、しばらく観察していると、手に持った新聞がガタガタ震えている。機体の振動で震えているわけではない。やはり怖いのだ。左隣の妻は笑っている。緊張すると、何故か顔が笑った状態になるらしいが、他の人から見たら不謹慎だろう。時々「あっ」「いっ」「うっ」「えっ」「おっ」ア行五段活用の末尾だけになり、急降下すると私の左腕を万力以上の力で掴む・・・後で見ると痣になっていた。掴むなら座席だけにして欲しいが、シャイな私には言えなかった。妻は「これ墜落するの?翼がパタパタ動いてる」と聞くので、「落ちるときは落ちる、落ちないときは落ちない。でも私にはその判断能力はない。死ぬときは一緒だから良かと(博多弁)」と答えた。すると「死ぬなら、一人で死んでね」と明快な答えが戻ってきた。なかなか奥が深い。二人同時に亡くなったら葬儀が出来ないし、後の面倒な処理も出来ない。無事に福岡に到着して、それを聞いたら・・・単純に独りで死ねと言った、でも冗談だけどと言う。あの状況で冗談は言えまいと思ったが、それを口にする事は小心者の私には出来なかった。

2.帯広から東京までYS11で乱気流

40数年前、ある講習会に出席するために旧帯広空港から東京に向かった。天候は最悪で、北日本は嵐のような天気だ。空港カウンターに到着すると、体重計に乗れと仰る。預ける荷物なら判るが、乗客の体重まで量るとは・・・肥満は搭乗出来ないのか?いやいや、そうではない。機体のバランスを考えて、左右の重さを均等にするためらしく、そこで始めて座席を決めるのだ。お陰で少し肥満気味なのが判ったが、とても恥ずかしい、後方の人から丸見えなのだから。ようやく搭乗時間となり、バスで飛行機のタラップへ、機体はプロペラ機だが日本が誇るYS11。外は雨が降り出していて、天候が悪そうだ。離陸して高度が上がると、黒い雲が見える。アナウンスで、天候が悪く途中気流が悪いので、シートベルトは締めたままにと。それから・・・羽田に到着するちょっと前まで、2時間程度の乱気流中の飛行であった。急降下・急上昇の連続で、客室乗務員も座ったまま、機内サービスも出来ず、吐く人もいた(私も)。急降下だと無重力の近く、急上昇だと体重が倍以上のようなGが掛かる。前述の1の比ではなかった。悲鳴が聞こえたりして、落ちるのかと思うほどだったが、それでも他に何事もなく無事に羽田に到着、頑丈な飛行機だ。飛行機を降りてバスでターミナルまで移動中、誰もが放心状態で、私はその日はホテルで寝込んでしまった。あれくらいでも、操縦士にすればちょっと揺れた程度なんだろうか?帰宅して妻に話したら、「2時間もジェットコースターに乗れたのだから、良かったね」と言われた。私のジェットコースター嫌いは知っている筈だが・・・人生で2回もジェットコースターに乗った事があるが、死にそうで漏らしてしまった経験がある。

3.ダウンバースト、後方乱気流、晴天乱気流

ダウンバースト:空港進入経路上で積乱雲が発生するとダウンバーストと呼ばれる強い下降気流が発生することがある。下降気流が発生し着陸航空機が巻き込まれると滑走路に機体がたたきつけられる形となり着陸失敗という大事故につながる。

後方乱気流:大型の航空機の離陸時、主に翼端渦が元で後方に生じる空気の乱れ。2001年にニューヨークで発生したアメリカン航空587便墜落事故では、直前に離陸した日本航空機の後方乱気流に巻き込まれたのも一因とされている。

晴天乱気流:雲がない晴天でも起こり、エアポケットと呼ばれる。高高度のジェット気流の周辺で頻繁に発生し、山脈の近辺で発生し、肉眼でもレーダーでも見つけられない。航空機には危険な存在で、風速や風向が急激に変化し、翼で生じる揚力が急速かつ予測不可能に変化し、激しい揺れが起きてしまい、乗客や客室乗務員が体を投げ出されて負傷する事もある(1997年ユナイテッド航空826便乱高下事故のように死亡事故に至る事も)。しかし、レーザーのような光学的に乱流を測定する装置を使えば遠くから検知可能だが、まだ全面実用化に至っていないようだ。

乱気流により14人が負傷して成田空港に緊急着陸したアメリカン航空の機内の様子



にほんブログ村 オヤジ日記ブログ がんばるオヤジへ
にほんブログ村
最新記事
AMAZON 電子書籍リスト

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。