スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ がんばるオヤジへ
にほんブログ村

現世人とネアンデルタール人・デニソワ人

●ネアンデルタール人と現世人類との交流

ドイツ・マックスプランク進化人類学研究所の遺伝学部門のスヴァンテ・ペーボらは、2010年5月ネアンデルタール人のドラフトゲノム配列をサイエンス誌に発表して、ネアンデルタール人と現生人類の間で交雑があった可能性が高いと報告している。DNA解析によれば、アフリカ人を除く全ての現生人類は、ネアンデルタール人の遺伝子を平均で2%持っていると述べる。現生人類がヨーロッパだけでなく、中国、日本、パプアニューギニアまで同じ割合でネアンデルタール人の遺伝子を持っている事になる。これまでにあった仮説(中近東で3万8千年前にネアンデルタール人と現生人類が初めて出会い、そこから種として広まっていった)を一番合理的に説明できるとしている。骨の考古学的解剖学的調査では、二つの種は明らかに同時に存在し共存していた事は判明しているので、「交流があった」と言う可能性はすでに考えられていた。骨の研究だけでは得られないデータが、ゲノム解析では数値化して比較できるので、飛躍的に情報量が増える。スヴァンテ・ペーボ氏は、絶滅したネアンデルタール人という種と比べて、現生人類の何が優れていて今まで生き残ったのか、今後10年間は大きな課題になるだろうと語る。

●もう一つの種・デニソワ人との交流

デニソワ人は、ロシア・アルタイ地方のデニソワ洞窟(ロシア、中国、モンゴルの国境に近い地域)に約4万1千年前に住んでいたとされるヒト属の人類。2010年12月の研究では、ネアンデルタール人と並び、我々現生人類であるホモ・サピエンスに最も近い化石人類である事が分かった。また現生人類の一部(メラネシア人など)と遺伝子情報を部分的に共有する可能性が高いと言う。発見された骨の一部は少女の小指の骨で、細胞核DNAの解析の結果、デニソワ人はネアンデルタール人と近縁グループであり、80万4千年前に現生人類であるホモ・サピエンスとの共通祖先から分岐し、64万年前にネアンデルタール人から分岐した人類であると推定された。メラネシア人のゲノムの4-6%がデニソワ人固有のものと一致する事から、現在のメラネシア人にデニソワ人の遺伝情報の一部が伝えられている可能性が高い。また、中国南部の住人の遺伝子構造の約1%がデニソワ人由来という研究発表も出されている。

2014年2月のネイチャーに掲載された中国・チベット・米国の国際研究チーム論文では、チベット人の祖先は、血液中の酸素量を調整する重要な遺伝子変異を、デニソワ人と呼ばれる人類種と交配した際に獲得したという。デニソワ人が姿を消す前にホモサピエンスと交配し、現在のヒトDNAプール中に残存している特徴を残した事が、遺伝子配列の解読で分かった。チベット人40人と中国漢民族40人のゲノムの比較を行い、その結果、血液に酸素を行き渡らせるヘモグロビン分子の生成を調整する「EPAS1」と呼ばれる遺伝子の特異な変異が、チベット人の遺伝子コードに埋め込まれているのを発見。新たに見つかった変異は、生成量の増加を過剰にならないように抑制するため、標高4000メートルを超える場所に移住する多くの人々が経験する「低酸素症」の問題を防ぐ。米カリフォルニア大学ニールセン教授は「われわれは、EPAS1のこの変異がデニソワ人に由来するという非常に明白な証拠を手にした」、「人類は他の人類種から遺伝子を獲得することで進化し、新しい環境に適応するようになったことを、非常に明確に直接的に示している」と語る。

チベットの人々が持つEPAS1の変異は、デニソワ人のサンプルで見つかった変異とほぼ同じものだった。だが、この変異の痕跡は、漢民族以外のデニソワ人の名残を受継ぐ他の民族集団には全く存在しない。デニソワ人由来のゲノムの割合が5%と最も高いメラネシア人にも、その痕跡はみられない。これから、アフリカを出たホモサピエンスのグループは、中国へ向かう途中でアジア中部を通過した際にデニソワ人と交配したとの説を提唱している。中国に移住したホモサピエンスのグループは、その後2つに分裂した。1つはチベットに移動し、もう1つは低地に残り今日の漢民族となった。研究によると、種族間で交配を重ねた結果、チベット人の87%がEPAS1の貴重な変異を獲得するに至ったという。それに対し漢民族は、共通の祖先を持っているのに、全体の9%しかこの変異を持っていない。論文には記載されていないが、現代日本人にもデニソワ人の遺伝子を一部継承している可能性は高そうだ。ただし、日本人の場合、ゲノム解析からは複雑な経路がある。

日本人はるかな旅展(国立科学博物館)

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ がんばるオヤジへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

あまりの慎重さは墓穴を掘る?

面白いといっては大変気の毒な話なのだが…2005年2月中旬頃タイのバンコクにあるお寺の僧侶(81歳)が目薬と瞬間接着剤を間違えて注してしまい、 両目がくっついてしまった記事があった。あまりにも目がかゆいので(かゆいという気持ちが良く分からない)薬箱にあった目薬をさしたそうだ。 用心して片目にさして様子を見ていたら、ひやっと気持ちよくなったので、もう片目にさした。暫くして両目が閉じたまま開かなくなり、 慌てて・・・この記事は本当らしく、当時の他のニュースで病院で手術をして片目は開いたとか。後日もう一度手術をしたとか(溶剤で溶かしたらしい)。

何故、薬箱に瞬間接着剤が入っていたのか・・・・理由は不明だが。確かに容器は目薬に似ているものもある。片目にさして様子を見たのは正解だが、 慎重さがもっとあれば、もう片目にはささなかっただろう。もっと言えば、更なる慎重さがあれば、容器を確かめただろう。 もっと声を大にして言えば・・・かゆいだけでは目薬は要らない、だから使わないのが正解・・・。しかしこの瞬間接着剤・・・確かに便利なので良く使うが、子供が誤って手がくっついた事件もあるから・・・ 容器の色や形を変えたほうが良いと思う。

慎重な性格の私は、こういう事は全くない・・・・事はない。過去に何度かある。よく使うので、液が垂れて親指と人差し指がくっついてOKマークになってしまった、学習しない愚か者である。私の慎重さを例えて言うなら・・・石橋を叩いても渡らず、何度も叩いてそれでも割れずに、更に強力な巨大ハンマーで何度も叩いて、 石橋を叩き壊してしまう。しかたなく他の石橋を探しあて、そこでも渡らずにじっと待っていて、戦車のような巨大な重量物が通った後、 ゆっくりと慎重に渡りかけるが、それまでの蓄積疲労で石橋が破壊されて一緒に沈没するという・・・あまりにも慎重である。

大昔、大学の研究室で、実験用の試験管・ビーカー・ピペット・グラスを洗浄するのに重クロム酸カリウム液(注参照)を使っていたが、 ほぼ毎日手袋をして慎重の上にも慎重に出入れしていた。バケツから取り出してほっとして立ち上がった瞬間、真夏の猛暑で一瞬眩暈がして・・・ ゴム手袋から滑り落ちた器材が元の重クロム酸カリ液に逆戻り。ぽちゃん・・・音と共に液が、実に見事にきれいに右目の中だけに飛び込む。 「痛い」。しばらく目が見えなくなり、同じ敷地内の眼科に急行し、3日間眼帯。それ以来必ず眼鏡をするようにしたのだったが・・・ ・それなのに。その眼鏡を掛けていながら、実験装置を作成するときに、工作機械で削った金属の削りカスが、 今度はきれいに見事に左目の真ん中に刺さった。眼科医に「またですか?もう来ないようにしてくださいね」 と言われた。若い頃は良かったが、今では両目が黒く濁って、更に老眼で本を読むのは難しい(でも読んでる)、液晶モニターをちょっと長く見ていると卒倒しそうになる。でもベッドでPC使っているから、倒れても問題なし、そのまま安眠・・・永眠もありえるが、それも問題ない、誰も気にする人間はいない。葬式など無用だし、段ボール箱にいれて火葬場で、出きればウェルダンで焼いてもらって、骨もいらない、墓も必要ない。千の風になって~~~と歌う。

(注)重クロム酸カリウムは橙赤色の無機化合物である。柱状の結晶。重クロム酸カリウムとも呼ばれる。融点は398℃、500℃で酸素を放出して分解する。水に可溶、エタノールに不溶。クロムの酸化数が+6で、いわゆる六価クロムの一つであり、環境への負荷が大きい物質である。また、発がん性があるなど人体にも非常に有害であるため、毒物及び劇物取締法により劇物に指定されているほか、消防法により第一類危険物(酸化性固体)に指定されている。酸化力が強く、第一級アルコールやアルデヒドをカルボン酸に変えるほか、第二級アルコールをケトンに変える。欧米では化学的酸素要求量 (COD) を計測する際の試薬としても用いられる。他にはクロムめっきや酸化剤として火薬に含まれる等、様々な利用方法がある。かつては、クロム酸混液とよばれる硫酸と混合したものを、その強力な酸化性を生かして実験機器の洗浄などに用いた。しかし、毒性や環境負荷、廃液処理の煩雑さなどの問題が指摘された結果今日ではこの用途での使用が忌避され、特別な場合にしか使用されなくなっている。


にほんブログ村 オヤジ日記ブログ がんばるオヤジへ
にほんブログ村

世界一有名になった修道女クリスティーナ、日本でも

世界一有名になった修道女は、イタリア・シチリア島出身のシスター・クリスティーナ(26歳)、歌のオーディション番組『The Voice of Italy』に昨年出演して、一夜にしてスターになった。声だけで審査するタレント発掘番組に、テレビ局のオファーがあり、フランシスコ法王の「外に出て神の御言葉を広めなさい」という言葉や、修道院長からの勧めもあり『The Voice』に出演し、その美声で一躍スターになった。リアルな『天使にラブソングを』、あるいは第二のスーザン・ボイルなどと言われているが、現実に現役の修道女だ。動画再生回数は1億回を越えている。昨年3月に米歌手アリシア・キーズ(Alicia Keys)さんの曲「ノー・ワン(No One)」を歌い、決勝でも再びこの曲を歌った。栄冠を勝ち取るとすぐに神への感謝の言葉を口にし、控えめな口調で「イエスにここに来て欲しい!わたしがここにいることは、私自身ではなく、天上にいるあのお方のおかげです」と喜びを語った。会場にはクリスティーナさんが所属するウルスラ会 の修道女らも応援に駆けつけた。クリスティーナさんはこれまでにカイリー・ミノーグやリッキー・マーティンといった大物歌手と共演しており、その歌声はキーズも「純粋なエネルギー」と称賛した。また、『天使にラブソングを』の主演女優のウーピー・ゴールドバーグも絶賛。



昨年11月発売の欧州盤アルバムは、イタリアとフランスでゴールドディスクを獲得。フランシスコ法王にも自身のアルバムを手渡ししている。彼女自身は、歌の力で信仰を広めたいという信念を持っているようだ。日本でも今年の3月11日、ユニバーサル・ミュージック・ジャパンからアルバム「シスター・クリスティーナ」が発売された。収録曲は

1 トライ (ピンク)
2 フォーリン・フリー *オリジナル曲
3 ライク・ア・ヴァージン (マドンナ)
4 サムウェア・オンリー・ウィー・ノウ (キーン)
5 ブレスド・ビー・ユア・ネイム (マット・レッドマン)
6 フィックス・ユー (コールドプレイ)
7 ノー・ワン (アリシア・キーズ)
8 アイ・サレンダー (マット・クロッカー)
9 トゥルー・カラーズ (シンディ・ローパー)
10 プライス・タグ (ジェシー・J)
11 オーディナリー・ワールド ポルトガル語ヴァージョン (デュラン・デュラン)
12 ラモーレ・ヴィンツェーラ *オリジナル曲
13 上を向いて歩こう(坂本九)

昨年動画がYoutubeにアップされた時に、私もすぐに視聴したが、その時点ではまだ世界的には広まっていなかった。マドンナの「ライク・ア・ヴァージン」は、かなりアレンジされていて、マドンナの歌の雰囲気とはまるで違う。マドンナ自身は、自分の妹と賞賛しているが。クリスティーナは子どもの時、歌の好きな普通の女子だった。現代子っぽく「なんで教会にいかなきゃいけないの?」と不満をいうこともあった。学生の時にたまたま母親からミュージカルのオーディション参加を進められ、そのミュージカルの題材がとある修道会の創立者だったことで信仰に興味を持ち、2008年に修道女になるために修道院に入ったと言う。見習いの2年間、ブラジルで貧しい子供たちのために働き、帰国後に正式な修道女になった。教会ではミサの時に歌い、自分で歌の練習も続けている中で、オーディション番組「The Voice」のイタリア版のスタッフからスカウトがあり番組に出演したというわけだ。



なお、最初に歌った曲「ノー・ワン(No One)」を、Britain Got's talent で10歳の女の子ナタリーが6年前に歌ったものがある。これも驚きだった。


にほんブログ村 オヤジ日記ブログ がんばるオヤジへ
にほんブログ村

帰国後の通関手続きを終えて出た後・・・無理やり中に戻ったらどうなる?

●空港の保安検査

今年3月9日、那覇空港で石垣島から東京への乗り継ぎで到着した中国人女性3人が、空港内の免税店を探している途中、誤って1階の手荷物受取所に入った。免税店がないことに気付き、再び2階の発着ロビーに引き返した。こうしたケースの場合、検査を受けていない人間と接触し、危険物が持ち込まれる可能性も想定されるため、保安検査が済んでいた搭乗客の検査をやり直す必要があり、出発ロビーいる国内線搭乗の保安検査を済ませた乗客全員の検査をやり直すトラブルがあった。保安検査は航空機に搭乗する全員が受けなければならない。テロ事件が起こって以降は厳重になっている。

これに関連して、拙著「笑う門に幸来る1」で書いた一部を引用する、

15年前ごろに羽田空港ターミナルに搭乗手続き時間が過ぎて到着した事がある。もう無理といわれたが、押しの一手で何とかならないかと泣いて懇願した。職員が電話で確認すると…ギリギリOKらしい、すぐに若い男性職員が瀕死(必死で走ってカウンターまで来たので)の私の傍に来て、『私の後について走ってください』って言う。瀕死なのにまた走るのか?と言うまもなく、若い衆は走り出す、速い速い、釣られてヨレヨレの私も走る、遅い遅い。保安所はどうするんねんと考える間もなく、秘密のドア(?)を通り抜け、検査なしで広大な出発フロアーに出る。一息つかせてと言おうとするも声が出ない。必死に走っても遥か彼方、早くと合図されるが、無理よ。ANA帯広行きはターミナルの端。心臓が「これ以上の血液供給は物理的に出来ない、後は破裂するからね、もう知らない」とシグナルを送ってくる。もう駄目、と思った瞬間が搭乗カウンターだった。

と、保安検査を受けずに航空機に搭乗した唯一の出来事だった。今では絶対に無理。

●帰国後の通関手続きを終えて出た後・・・無理やり中に戻ったらどうなる?

帰国後の通関手続きを終えて、ガラス張りの自動ドアを出る。このドアはドアは内からしか開かない。出た者は中には入れない(当然)。無理やり入る暴挙をするものはいないだろう。でも入った大馬鹿者がいた。

(35年前頃)年老いた母と南国に行った息子が、母と一緒に帰国した。母には自分のバックしか持たせないので(優しい息子やの~)、母の通関手続きは1秒で終り(どうみても何も持っていない老母だからかな)。私は荷物を一杯カートに入れていたので、審査が長い。全部中身を調べられた(人相が悪かったかもしれないが)。母は外にでていて、タバコを吸いながらガラス越しに私を見ている。ようやく通関検査が終り、台の上で荷物を整理する。個数を減らすために、苦心惨憺3個にまとめ、ようやくドアの外にいる母親のところに合流した。

母『あれ~、あの一個はわたしのと違うん?』
私『え~、え~~、げ~~、入れ忘れた』
母『はよう、とって来んね』
私『一歩出たら入れんわ・・・』
母『誰かが出た時に入れば良え~、早よう行って来んね』

私は誰かが出てきた隙に、中に戻った・・・忘れ物を手にした瞬間、すっ飛んできた係員3人に確保されてしまった。事情聴取と事情説明。その間、ガラス越しの母は、何かゼスチャーをしていたようだ(それ私の荷物、返して~と言っているようだ、私はどうでもええのか?)。お説教があり、十分後くらいにようやく釈放され、ドアの外に出された。

母『遅かったな、何しとるんな、本当に!』
私『説教を受けました、中に戻ってはいけない、忘れ物は職員に申し出てって・・・』
母『ふ~~ん、そりゃそうやわな、忘れたあんたが悪いやで』
私『この一個は、あんたがどうしても欲しいと言って値切って値切って買った象牙の細工物や、何で私の鞄に入れたん?』
母『知らんがな、記憶にないなあ。まあ・・・忘れたお前が悪いんやなあ』
私『はい、はい、私が悪るうございました、危うく犯罪者に間違われたのも私です』
母『まあ反省しているようやから、堪忍したる』
私『・・・(プッツン、切れる)、おおきに』

笑う門に幸来る: 生きる元気が出る笑いのエッセイ笑う門に幸来る: 生きる元気が出る笑いのエッセイ
(2014/06/24)
臨夜 海馬

商品詳細を見る

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ がんばるオヤジへ
にほんブログ村

アンティキティラ島の機械と田中久重の万年時計

アンティキティラ島の機械

1901年にアンティキティラの沈没船(英語版)から回収されたが、その複雑さや重要性は何十年もの間気づかれることがなかった。紀元前150 - 100年に製作されたと考えられており、同様な複雑さを持った技術工芸品は、その1000年後まで現れることはなかった。フランスの海洋学者ジャック=イヴ・クストーは1978年に最後に沈没船を訪れているが、「アンティキティラ島の機械」の残りの部分を発見するには至らなかった。アンティキティラ島の機械に関する最新の研究を指導しているカーディフ大学のマイケル・エドマンド教授は「この装置はこの種のものとしては抜きん出ている。デザインは美しく、天文学から見ても非常に正確に出来ている。機械の作りにはただ驚嘆させられるばかりだ。これを作った者は恐ろしく丁寧な仕事をした。歴史的にまた希少価値から見て、私はこの機械はモナ・リザよりも価値があると言わねばならない」としている。実物はアテネ国立考古学博物館の青銅器時代区画にデレク・デ・ソーラ・プライスによる復元品と共に展示されている。その他の復元品は米国モンタナ州ボーズマンのアメリカ計算機博物館、マンハッタン子供博物館に収められている。

2006年11月30日学術雑誌ネイチャーは、アンティキティラ島の機械研究プロジェクトによる新たな復元模型の完成を報じた。この復元は上述した高分解能X線断層撮影に基づいたものである。この研究により判読可能な文字数は倍増し、以前の解釈は修正され、新たな解読がなされた。それにより機械は紀元前100年頃のものであるとされた。機械に刻まれた文には天文学、機械学、地理学の項目に分かれたマニュアルが含まれていることが明白となった。文中の「ヒスパニア」はこの呼び名でのイベリアに対する最古の引用文である。新たな発見により、この機械が天体の位置を予測するためのアナログ天文計算機もしくは太陽系儀であることが裏づけられた。(wikipediaより)




田中久重の万年時計

田中久重。寛政11年9月18日(1799年10月16日)-明治14年(1881年)1月11日。江戸時代後期から明治にかけての発明家。「東洋のエジソン」「からくり儀右衛門」と呼ばれた。芝浦製作所(後の東芝の重電部門)の創業者。幼い頃から才能を発揮し、五穀神社(久留米市通外町)の祭礼では当時流行していたからくり人形の新しい仕掛けを次々と考案して大評判となる。20代に入ると九州各地や大阪・京都・江戸でも興行を行い、その成功により日本中にその名を知られる。特に有名なのが1820年代に製作した「弓曳き童子」と「文字書き人形」で、これらは、からくり人形の最高傑作といわれている。彼が製作した万年時計(機械式の置時計)は、1000点を超える部品(ほとんどが田中による手作り)から作られている。ぜんまいばねには厚さ2ミリメートル、長さ4メートルの真鍮を使い、このぜんまいを2機装備、一度巻けば一年動くという機械式時計としては驚異的な持続時間を実現している。六角柱様の本体の各面に7つの機能(天象儀、和時計、二十四節気の表示、曜日・時刻の表示、十干十二支の表示、月齢の表示、洋時計)が配置され、これらの機能のほか打鐘の機能もある。(wikipediaより)


にほんブログ村 オヤジ日記ブログ がんばるオヤジへ
にほんブログ村
最新記事
AMAZON 電子書籍リスト

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。