スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ がんばるオヤジへ
にほんブログ村

明和三美人の一人、笠森お仙

江戸時代後期、美女で有名となったのが笠森お仙(かさもり おせん)。1751年(宝暦元年)生まれで、1827年2月24日(文政10年1月29日)没、77歳まで生きたから長寿だったと言える。お仙は江戸谷中の笠森稲荷門前の47軒の水茶屋の一つ「鍵屋」の娘で、そこで13歳から働いていたが、看板娘で有名になったので、笠森お仙と呼ばれた(町人は普通苗字がない)。水茶屋は美女を置いて、客の接待をさせるやや高級な休み茶屋。明和年間(1764年-1772年)の三美人の一人と称されたが、後の二人は浅草寺奥山の楊枝屋「柳屋」の看板娘・柳屋お藤、二十軒茶屋の水茶屋「蔦屋」の看板娘・蔦屋およし。明和5年(1768年)、18歳のとき、美人を題材に錦絵を描いた絵師鈴木春信の美人画のモデルとなり、その美しさから江戸中の評判となった。お仙見たさに笠森稲荷の参拝客が増えた(絵の若衆もその典型)。「鍵屋」自体、ブームに目をつけて、美人画・手ぬぐい・絵草紙・すごろく等の「お仙グッズ」も販売していたというから、商売上手だ。

dl011.jpg

当時の谷中は、線香の匂いに混じってあちこちから嬌声と白粉の香りが立ち込めていたと言うし、感応寺界隈は富くじと水茶屋で有名になり、江戸っ子は一攫千金と女性の色香に鼻の下を長くしていたようだ。本来、水茶屋は渋茶を売るのが目的ではなく、もっぱら春を売るのを本業としていたのが多かった。その上客が谷中では坊主が多かったと言う。もちろん、美人を眺めるだけで帰る客も多かったが、その場合も、茶代8文が相場のところ、50文~100文(1000円~2000円)と置く客もいた。

現在にも伝わる童謡に、『むこう横丁のお稲荷さんへ一銭あげてざっと拝んでお仙の茶屋へ、腰をかけたら渋茶を出して、渋茶よこよこ横目で見れば、米の団子か土の団子か、とうとうとんびにさらわれた』と言うのが残っている。当時、笠森稲荷での願懸けに土の団子を供え、願が叶うとお礼に米の団子を供えた事が分かる。蜀山人も『半日閑話』でお仙の事を書いている。

osenchaya02.jpg

しかし、明和7年(1770年)2月頃、人気絶頂だったお仙が突然姿を消したから大騒ぎとなった。お仙目当ての客は、お仙がいなくなった水茶屋に老齢の父親・五兵衛がいたために「とんだ茶釜が薬缶に化けた」という言葉が流行したとか。突然消えた理由が不明で、色々と憶測が飛び交った。

異説1
お仙の本当の親は草加宿の名主で、賭博好きが嵩じてお仙を「鍵屋」に売ったと言う。多数の男が言い寄るが、お仙は作事奉行の伜で中川新之助と深く言い交した。しかし、鍵屋の主人五兵衛は嫉妬したのだった。お仙は五兵衛を諦めさせようと色々画策したが、却って五兵衛の嫉妬を増長させる。お仙は思い余って新十郎と駆落ちし浅草に隠れ棲んでいた。しかし数ヶ月後、五兵衛はとうとう彼女の隠家を探し出し、お仙の咽喉笛に噛み付いたので、血の中に息絶えた。類まれな美人で愛嬌のよい善良な娘が非業な最期を遂げたと噂され、江戸っ子はひどく同情したとの異説が流布した。

異説2
もう一つの異説は、人気役者の瀬川菊之丞と駆落ちしたとの話し。こちらは広く流布しなかったのではないか?人気役者ならば、調べれば嘘と分かるはず。

真相
お仙二十歳の時、幕府お庭番の倉地家に請われて嫁となっている。町人や百姓の女性は武士の仮親を立て、養女として武家に嫁するという抜け道があった。お庭番は身内だけの縁組に限定されていた(情報組織なので創設者将軍吉宗がそういう指示を出していたらしい)ので、組屋敷内の誰かを仮親にしたのだろう。お庭番は探索・隠密が仕事で外部との接触は殆どなかったから、お仙が急に雲隠れしたように思われたのではないか。お仙はそこで九人の子宝に恵まれ、長寿を全うしている。現在、お仙を葬った墓は東京都中野区上高田の正見寺にあり、永井荷風の文によるお仙の稗が建っていて、隣に鈴木春信の顕彰碑も並んでいるそうだ。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ がんばるオヤジへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

時代考証

地上波で時代劇がほとんどなくなった。かなり前から減ってはいたが、予算が掛かるのが主な原因なのだろうか?同時に科学系番組も少なくなった(と言っても民放系は元々少なかったが)。地上波テレビを見なくなったのも、上記の理由とツマラナイ系が増加したからだ。衛星放送の専門チャンネルを見ていた。専門チャンネルと言うくらいだから、時代劇なら時代劇ばっかし見れるので、チャンネル選択の迷いは無い。しかしながら昔の民放の時代劇の再放送がほとんど・・・ここで気になるのが時代考証。ほとんど無視した番組が多いのだ。

時代考証があまりになされていないと、リアリティに欠けてしまい興ざめしてしまう事が多い。例えば、八代将軍吉宗が番組の終わりで天守閣から下界を眺めているシーンなどは、全くお笑い系になってしまう。江戸城天守閣は四代将軍時代の大火で消失し、以来再建されなかったからだ。存在しない天守閣でキンキラキンの衣装で笑っている姿は始末に悪い(しかし、マツケンサンバで踊って笑っている姿は、舞台のお笑い系だから許せる)。

風俗も江戸時代でも初期中期末期では相当違うし、食べ物や店の種類も違っている。時代考証を完全には到底無理だと思うが(実際江戸城内部の再現とか、大名屋敷の再現などは予算的に不可能)、ある程度ここまではやって欲しいと言う範囲はあるのではないかと思う。リアリティの問題であって、あまりに現代的感覚で作ってしまうと、その時代には見えなくなってしまう。昔の大衆娯楽時代劇も相当ひどかったが(^_^;)。

映画劇でも時代考証をきちんとやろうとする監督は昔から存在したし、なかなか重厚な作品が多かったと思う。忠臣蔵で松の廊下がある一帯を、実寸で再現した巨大なオープンセットがあった。セットだけで映画3本の予算がかかったとか。他に、既婚の女性が眉を剃り落とし鉄漿をして・・・それはそれなりに色気を感じた記憶がある。女優さんが絶対に嫌うからもう無理だと思うが、そういうリアリティが欲しい(^_^;)他気づいた事は書き出すと幾らでもあるけど。

藤沢周平さんの小説が映画化されたりしているが、私も氏の作品が好きだ。田舎の小藩の下級侍の悲哀が出ている・・・自分自身を見ている感じを覚える時がたまにあったりする。大河時代ドラマも良いけど、素朴な時代劇が・・・そういえば大昔の初代「御宿かわせみ」は良かった。真野響子さんの役柄が・・・DVD復刻版が出たので買ったが、今見ても面白い。小説はいまだに続いている。同じ平岩弓枝さんの「はやぶさ新八御用帖」も愛読していた。ただし、登場してくる鯉という女性が自分をお鯉と言うのは・・・・どうしたものだろう。自分に敬称は付けないだろうから。著名作家だけど、本文中にたまに気になる部分があったりする。しかし、あれだけの内容と文章は・・・真似できない。当時の地名、場所などの詳細に調べて書いているのだから・・・感心する。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ がんばるオヤジへ
にほんブログ村

青空文庫とEPUBと書籍リーダー Digishelf

記事を誤って削除してしまったので、再掲載。

私の場合、読書にかける比率はキリスト教・聖書学系を1とすると、歴史5、文学小説10、サイエンス(生物物理天文系)20の割合になる。意外にキリスト教に関しては少ない。バランスの良い自分の生き方となるとそうなる。昔から青空文庫を活用している。中高生時代市立図書館で書棚の文学書を全部読もうとした経験がある(さすがに全部は読めん)。菊池寛が好みだった。大学時代の教養課程で日本文学は森鴎外だったので、こちらも全集を読んだ。青空文庫は著作権の期限が切れた文学書をテキスト形式で公開してくれる有難いサイト。iPadでは有償の金沢文庫を利用しているが、PCでは昔からDigiShelf Liteを利用させてもらっている。無償でも使える、VectorサイトでDL出来る。
AbodeAirがインストールされていない場合は、こちらを先に入れておけなければならない。DigShelfを立ち上げ、青空文庫のアイコンをクリックすると、文庫の書棚が表示される。アイウエオ順に作家名が並んでいる。作家名を出し作家名をクリックすると、その作家の本のアイコンがずらっと出てくる。

WS09.jpg

本をクリックすると見開きで本が読める(文字サイズ書体変更可、ページめくりも設定できる)、多くはルビつきになっている。

WS0010.jpg

本を読むアイコンをクリックして、外部ファイルを読込むアイコンをクリックしてEPUBファイルも読み込みできる。本の題名と著者名を記入して、My書棚に登録できる。

WS0012.jpg

文豪の隣にMy著書を配置するという、不遜な事も可能だ(^-^;;)一度開いた本はMy書棚に登録されるので、クリックするといつでも読める。ネットに繋がっているPCなら、青空文庫の本がほとんど読める。WEBブラウザ機能まで付いている、優れものだ。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ がんばるオヤジへ
にほんブログ村
最新記事
AMAZON 電子書籍リスト

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。